【庭木】メギ科: ナンテン【庭木】

縁起木、厄よけ、魔よけとして古くから庭に植えられてきました 冬場の実が美しい

【仕様】

【庭木】メギ科: ナンテン【庭木】

■科名:メギ科

■属名:ナンテン属

■常緑低木

■開花時期:6月~7月

■樹高:2m程度

【ポイント】

ナンテンは半日蔭で育つ、和モノの庭木で、極端に大きくなって剪定しにくいということもなく、昔から庭に植えられています。ナンテンは手も掛からず育てやすいです。実も簡単に成ります。庭植えの場合は日照りが続かない限りは降雨だけで充分なので、根つけば水をやる必要はありません。

2月、3月に剪定をします。ナンテンは一度花をつけると3年程度花が咲きませんので、花芽の付いていない枝は根本から切り落としてしまいましょう。他にも樹形を整えるために、小さな枝は必要に応じて切り落としてください。
放置していると茂ってしまい下から枝が生えて、先に葉っぱが付きます。こういう枝が何本も束なっていると、風通しが悪くなりますし、見た目も悪いので古い枝を根本から切りましょう。

 

☆その他 ココdeエクステリア←もっと色々な商品が見たい!

 

CS

エクステリアやお庭のことを相談したいと思ったら今すぐお電話

059-330-0857

お電話対応9:00〜18:00(水曜日休)

メールフォームからのお問い合わせ

お気軽にどうぞ!

こちらからお問い合わせ

FAXでお問い合わせ

059-330-0859

FAX用紙はこちらから

施工対応エリア

施工対応の各エリアをクリックすると市町村のホームページにリンクします